スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンドビオル 「病みなう」

2015030301


病みのリンドビオル: 死にたい

病みのリンドビオル: デパスのんでもねれない

病みのリンドビオル: 私は私であって私じゃない。空っぽの人形……


などの竜語でじわりとしたダメージ与えてくるんですがそれは。


pot使用量は多くなったけどクオォ以外はelfでも

耐えられたから殴って殺した。ポカッ


2015030302

メンテ明け昼なら100人くらいしかいないと真剣に思ってたよ。

400は居たらしい。ニチヨービだからかあ。

ニチヨービなので封印解除scもはいってませんでした。



*



\ あるたんが井戸に毒を入れたぞー /


おいおい、彼を疑うのはやめよう。疑心暗鬼を生ずっと。

UnityBlogに書いた件は冗句だよ。しっかり敵対だよ。

まず、ちあらはサッカー日本代表じゃないからね。


2015030303


僕が何を言いたいか。ホンシツを読み解いてほしいね。

ちあらさんはあの記事で何を伝えたかったでしょうか。


鉄生さんも言ってるでしょう。(そぉれヨイショ)

>このクリックゲーでの強さは俺らは「人」だと思ってます。


スティーブ・ジョブズも禿げるレベルのプレゼン能力激高

コンサル業界の天才児と呼ばれた僕の分析によると

「人」は言葉の中でもかなり<強い>性質を持った

フレーズなんだよ。素晴らしく正しく強いんだ。


自らの最も主張したい部分に織り交ぜることによって

説得力50%アップは間違いないよね。

リネージュに限らず人生のあらゆる局面で万能に使用できるし


これは裏ワザだからあまり敵に教えたくはないが

緊張したときは手のひらに指で「人」と3回書いてごっくんすると……



とにかく、僕が言いたいのはそういうことだ。

クラン員を疑うなんて最低だよ。人間をみてない。

あるたんが僕を乗せるわけがないし

マステレpkなんてするわけないでしょう。


先の大戦はみんなもっとテンション高かったから

それに、センセーショナルだったから、

五月蝿い輩に朝から晩まで煽られたよ。

ジュレキアっちにだけどね。

最近、人に言われるまで忘れていたけど、

その時、僕はあいつにこう返したらしい。


>敵対のためじゃない。

>敵対は関係無い。

>PKは誰と一緒にやるかが大事だ。

>わたしはアルチンとなら出る当ての無い金の採掘でも楽しいと思う。

( - 2010年・俺 - )



*



「昔の話だ。」

ちあらはそう言い終えるとそっぽを向き窓の外の景色を見つめた。

西に落ちる陽光が教室と僕達を黄金色に染める。

金色の光を浴びる彼女の横顔から喜怒哀楽を読むことは

できなかったけれど、遠くを見つめるその瞳は

何かを思い出しているようでもあったわけで。

それで、僕達は、何も言えなくなってしまったわけで。

↑貴族のモノローグ


ちあら「ったく、君たち何しけたつらしてんだ。

ほら、あるたんが待ってるぞ。

一緒に帰るんだろ。夕日に向かって走ってこいよ」


                       ~完~




まあ、その待ってるあるたんは、ちあたんなんですけどね。

吹いちゃう。

だめだ……まだ笑うな……堪えるんだ。落ち着いてイミュを…

→ ウエンディEND → WWWWWWWWWWWWWWWWWW

とりあえず俺様に負担かけんなよ。以上。

Comments:

asas URL @ 2015-03-03 (Tue) 07:58

また昔の話もちだして相変わらず気持ち悪いわ
未練たらたら感半端ないな

URL @ 2015-03-03 (Tue) 11:31

くだらねえこと書いてんじゃねぇよ
アホ

読んでないけどな
馬鹿が

あく鯖くん URL @ 2015-03-03 (Tue) 12:49

私は鉄生さんvsとうしろうさんみたいな
ちあらさんを見たくてユニ鯖にきたのに
あまりinされないくてさみしいです

ちあら@管理者 URL @ 2015-03-04 (Wed) 02:05

まるで私が喧嘩好きみたいにいわないでくださいよ。(真顔)
敵対であの手のBlog書いてるのとうしろうとピーターマンとりっぽんくらいだったからのう。
真面目に逆側の勢力にいたら何か起きたかもしれないとは思うけど、これでいいんだよ。
ぼくは既存の価値観を破壊したいだけで破壊手段の一つがアレなだけ。

数時間に一回切断するから幻影でしか狩りできないふぃーるどでれない死ぬ

Comment Form

Home > > リンドビオル 「病みなう」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。